探偵事務所が行う妻の浮気調査について

妻の浮気調査は、結果が黒だった場合の対応を考えて依頼すると、どこまで調査すべきか

男性である夫が妻の浮気を疑い始めるには、幾つかの共通するステップがあります。
例えば、妻が夫婦生活をこばむ様になったと言う判りやすいものから、どことなく妻の態度に不審なものが見られると言った、第六感レベルの要因です。

いずれにせよ重要な事としては、妻の浮気調査の結果、妻が本当に浮気をしていた場合です。
選択肢として考えられる事は、浮気を止めさせて現在の夫婦関係を続けるか、あるいは離婚かの二者択一となります。

妻の相手の携帯番号・携帯電話番号調査から住所

上記のいずれの選択にせよ、妻の浮気調査を依頼される探偵側としては、「浮気をしている」と言う事実を証明できるだけの客観的な証拠を提示する必要があります。

この証拠に関しては、浮気を原因とした離婚調停や、浮気相手に対する慰謝料請求なども行われる事を視野に入れると、裁判レベルでの使用に耐えるだけの品質が望ましい事は言うまでもありません。

さて、具体的に探偵が妻の浮気調査を行うにあたり、どのような手順を踏むのでしょうか。 これは担当者によって、多少は差異が生じます。
ただセオリーとして述べると、まずは基礎的な情報収集を行う事が多い様です。 妻の浮気調査を行う為には、妻の行動範囲を知る必要があります。

そこで興信所は依頼者から、妻の日中の行動パターンや行動範囲などの基礎情報のヒアリングを行う訳です。 こうする事によって、実際の行動調査を行うにあたり、より制度の高い調査を実現する事ができます。

東京に住む息子の借金調査

浮気調査の情報機器

調査対象の基本的な情報を得る事が出来ると、次のステップは具体的な妻の浮気調査を行う事になります。

テレビドラマなどでもおなじみの、尾行や張り込み、聞き込み作業などがこのステップの主体です。

近年では携帯電話や情報機器の普及により、一昔前に比較すると遙かに品質の高い調査が可能になりました。 何十倍もの高倍率レンズによるデジタル画像やデジタル動画、あるいは高性能マイクによる遠隔地の音声の録音技術などは、まさにハイテク技術の進化があってこそだと言う事ができます。

しかしいくら技術が進化しても、このステップは結果的に、探偵の体力勝負になる事が多いのも周知の事実です。

そしてこの段階で怪しい事がなければ、どうなるでしょうか。 幸いにと言っても良いかもしれませんが、残念ながら「あなたの妻の浮気調査の結果は白でした」と依頼者に対して報告する事になります。 問題は、結果が黒だった場合です。 次は証拠を集める必要があります。

探偵が妻の浮気調査を行うにあたり、もっとも大変なのがこのステップかもしれません。 特殊な性癖の持ち主ならともかく、浮気と言うものは古来から一目を忍んで行うのが一般的です。

その様な行為の具体的に浮気を行っている証拠を集める必要があるのです。 従って、この証拠の品質レベルこそ、妻の浮気調査を行う調査会社の腕の見せ所と言っても良いかもしれません。

経験実績のある東京の興信所

浮気相手の情報収集

そして最後に、浮気相手の情報収集が待っています。
妻の浮気調査を行うのですから、結果が黒だった場合には、誰と浮気を行っているかは重要な情報になります。

どの様な氏名や年齢で、勤め先はどこなのか。 既婚者なのか、未婚者なのか。 子どもは、家族構成は。 と言った具体的な情報を収集する事となるのです。

一言で探偵事務所の浮気調査と言いますが、具体的にはこのような手順があるのです。 もちろんこれは基本的なセオリーに関しての記述なので、調査を行う担当者によっては差異がある事は言うまでもありません。

ただ重要な事として、どこまでこれらの調査を行う事で、必要経費や必要時間も異なってきます。 一番良いのは調査の結果が白と言う事ですが、そうでなかった場合、どの様に対応するかをあらかじめ決定しておくと、素行調査に関してもスムーズに依頼する事ができるでしょう。

警察の身元調査・身辺調査はなぜ