探偵事務所が行う妻の浮気調査について

妻の浮気調査は、結果が黒だった場合の対応を考えて依頼すると、どこまで調査すべきか

男性である夫が妻の浮気を疑い始めるには、幾つかの共通するステップがあります。

例えば、妻が夫婦生活をこばむ様になったと言う判りやすいものから、どことなく妻の態度に不審なものが見られると言った、第六感レベルの要因です。

いずれにせよ重要な事としては、妻の浮気調査の結果、妻が本当に浮気をしていた(クロだった)場合です。

  1. 浮気を止めさせる
  2. 離婚する

選択肢として考えられる事は、浮気を止めさせて現在の夫婦関係を続けるか、あるいは離婚かの二者択一となります。

上記のいずれの選択にせよ、妻の浮気調査を依頼される探偵側としては「浮気をしている」と言う事実を証明できるだけの客観的な証拠を提示する必要があります。

この証拠に関しては、浮気を原因とした離婚調停や、浮気相手に対する慰謝料請求なども行われる事を視野に入れると、裁判レベルでの使用に耐えるだけの品質が望ましい事は言うまでもありません。

妻の浮気調査の手順

さて、具体的に探偵が妻の浮気調査を行うにあたり、どのような手順を踏むのでしょうか。

これは担当者によって、多少は差異が生じます。

1.妻に関する情報の聞き取り

セオリーとして述べると、まずは基礎的な情報収集を行う事が多い様です。

聞き取り 妻の浮気調査を行う為には、妻の行動範囲を知る必要があります。

そこで興信所は依頼者から、妻の日中の行動パターンや行動範囲などの基礎情報のヒアリングを行う訳です。

こうする事によって、実際の行動調査を行うにあたり、より制度の高い調査を実現する事ができます。

2.妻の尾行・張り込み

調査対象の基本的な情報を得る事が出来ると、次のステップは具体的な妻の浮気調査を行う事になります。

妻を尾行

テレビドラマなどでもおなじみの、尾行や張り込み、聞き込み作業などがこのステップの主体です。

近年では携帯電話や情報機器の普及により、一昔前に比較すると遙かに品質の高い調査が可能になりました。

何十倍もの高倍率レンズによるデジタル画像やデジタル動画、あるいは高性能GPSによる遠隔追跡技術などは、まさにハイテク技術の進化があってこそだと言う事ができます。

しかしいくら技術が進化しても、このステップは結果的に、探偵の体力勝負になる事が多いのも周知の事実です。

3.結果報告

そしてこの段階で怪しい事がなければ、どうなるでしょうか。

幸いにと言っても良いかもしれませんが、残念ながら「あなたの妻の浮気調査の結果は白でした」と依頼者に対して報告する事になります。

不倫カップル 問題は、結果が黒だった場合です。

次は証拠を集める必要があります。

探偵が妻の浮気調査を行うにあたり、もっとも大変なのがこのステップかもしれません。

特殊な性癖の持ち主ならともかく、浮気と言うものは古来から一目を忍んで行うのが一般的です。

その様な行為の具体的に浮気を行っている証拠を集める必要があるのです。

従って、この証拠の品質レベルこそ、妻の浮気調査を行う調査会社の腕の見せ所と言っても良いかもしれません。

経験実績のある東京の興信所

4.浮気相手の情報収集

そして最後に、浮気相手の情報収集が待っています。

男性を尾行

妻の浮気調査を行うのですから、結果がクロだった場合には、誰と浮気を行っているかは重要な情報になります。

  • どの様な氏名や年齢で、勤め先はどこなのか?
  • 既婚者なのか、未婚者なのか?
  • 子どもは?家族構成は?

と言った具体的な情報を収集する事となるのです。

妻の相手の携帯番号・携帯電話番号調査から住所

まとめ

一言で探偵事務所の浮気調査と言いますが、具体的にはこのような手順があるのです。

もちろんこれは基本的なセオリーに関しての記述なので、調査を行う担当者によっては差異がある事は言うまでもありません。

ただ重要な事として、どこまでこれらの調査を行うかによって、必要経費や必要時間も異なってきます。

一番良いのは調査の結果が白と言う事ですが、そうでなかった場合、どの様に対応するかをあらかじめ決定しておくと、浮気調査に関してもスムーズに依頼する事ができるでしょう。

世の多くの妻が浮気しているという現実

浮気とは夫がするもの、という認識・イメージは、完全に遠い過去のものになりました。

不倫ドラマや不倫小説の影響か、それとも世の中の女性の考え方が変化したのか、不倫に走る女性が増えてきています。

探偵事務所の浮気調査では、依頼するのは圧倒的に女性が多いと言われ、実際、調べてみたら調査の対象となった夫が浮気をしていたというケースも多いです。

しかし、そもそも浮気する夫がいれば、当然その浮気相手は女性なわけで、その女性は必ずしも独身とは限りません。人妻もけっこう多かったことでしょう。

言ってみれば、元から浮気する男性の数だけ女性も浮気していたのかもしれません。

但し、以前の女性の不倫は、奥さんのいる男性、妻子ある男性を好きになってしまった、という結果も多かったのではないでしょうか。

一方の男性は浮気・不倫に関して、相手との「遊び」であるか、「不倫相手を好きだけど家庭も守りたい」のような都合の良い考え方をする傾向があります。

現在までに築かれてきた「浮気は男がするもの」というイメージは、このようなことから男性の浮気が取り上げられやすい、やり玉にあげられやすい風潮があったからのようにも思います。

それが、バブル時代の頃からでしょうか、女性側も遊びと割り切って行う不倫が流行りだしたように思います。

その後に不倫をテーマにしたドラマや映画、小説の流行も訪れました。

不倫が禁忌ではなく、非日常を体験するお手軽な手段の一つとなったのです。

その延長線上にあるとも言えるのが「離婚」ではないでしょうか。

年々、夫婦の離婚が増加し、離婚自体もかつての「キズ」とも言われた一種のタブーのような扱いではなくなりつつあります。

離婚にも様々な原因が考えられますが、そのような影響からか「他に良い相手が見つかったから離婚したい」等と、経済的な打算や自身の恋愛感情を優先させてしまう人は相当数存在すると思われます。

浮気や離婚には、残念ながら相手を思いやった結果というのは存在しません。

離婚の主原因が相手にある可能性もありますが、そのようなトラブルが起きる要因がその方にもある可能性も考えられます。

一度離婚を経験している人が二度三度と離婚を繰り返してしまうこともよくあります。

そうなるとおそらく、人生における結婚というものをすでに特別なものと感じなくなっているのかもしれません。

いろんな相手とポンポン子供を作ってしまう人もいますが、子供を持つことまで特別ではなくなっている可能性すらあります。

もし本当にそうだとしたら、人としてちょっと悲しい話ではありますが、生まれてくる子供がどのような人生を歩むことになるのか、ほんの少しでも多く、考えてあげれられればいいんですけどね。

自分の欲を優先する、自分が誰よりもかわいいというタイプの人はこのような状況になってしまいがちです。子供を産みすぎて十分な生活環境を作れないというケースもあります。

妻の浮気調査体験談~浮気調査は探偵へ

妻の浮気を調べたい、浮気の証拠をとりたい、とお考えの方は、探偵に一度相談してみることをおすすめします。

探偵は妻の浮気を調べるのに必要な尾行や張り込み、撮影の技術や知識を身につけ、訓練と経験を積んでいる浮気調査のプロといえる職業だからです。

浮気調査を専門的に仕事としている職業は現在のところ他にはありません。

「妻が浮気しているかもしれない・・・事実を知りたい・・・」

「妻の浮気の証拠をとって、浮気相手が誰なのかも突き止めたい・・・」

という方は、まず相談する探偵を探してみてください。

当サイトでも主に妻に浮気された方が探偵に浮気調査を頼んだ際の体験談等をご紹介しています。

いろいろな事例を載せておりますのでぜひご参考にして下さい。ご自身に必要な大切な情報が得られる可能性がありますので要チェックと言えます。

また探偵事務所や興信所を探す際の注意点なども記述してありますので参考にして下さい。

けっこうこの探偵事務所選びのアドバイスは人気があると聞いています。

浮気調査ばかりでなく、さまざまな調査において探偵事務所を利用している人は多いということでしょう。個人的なトラブルはさまざまな形で起こるものなのです。